読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RでのGIS演算時には座標参照系の確認が大切

RでGIS演算(例えば面積を算出)を行う場合には座標参照系を確認しておく必要がある。

adm_area <- 
  sf::st_read("N03/2016/N03-16_17_160101.shp", 
               crs = 4612, options = "ENCODING=UTF-8")
adm_area %>% 
  as(., "Spatial") %>% 
  rgeos::gArea(byid = T) %>% 
  .[1]

出力結果: 3.137912e-06

adm_area %>% as(., "Spatial") %>% 
  `proj4string<-`("+init=epsg:4612") %>% 
  sp::spTransform("+init=epsg:2449") %>%
  rgeos::gArea(byid = T) %>%
  .[1]

出力結果:31140.31

adm_area %>% mutate(area = sf::st_area(.)) %>% .[1,]

出力結果: 31144.56 m^2

sf::st_area()はCRSを変換しなくても算出してくれるようだが、 安全のため変換しておく癖をつけておいたほうがよいだろう。