読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sf classデータの操作及びプロット

sfパッケージ(クラス)は空間データを簡単に操作することができ非常に便利である。

spパッケージ(クラス)はそれらを扱う多様なパッケージが存在するが、 自分自身で多少の編集を行うのは少し面倒であった。

Simple Features for Rだけあってデータ操作は簡単に行うことができる。 dplyr関係のものもサポートされており、 ggplot2パッケージではこれらのクラスを扱うgeom_sf()関数も開発されており、 今後も開発が活発に行われることが想像される。

簡単な例題を残しておく

  • mutate
nc <- sf::st_read(system.file("shape/nc.shp", package = "sf"), quiet = TRUE)
nc %>% 
  mutate(A2 = AREA/ max(AREA)) %>%
  ggplot(data = .)+
  geom_sf(aes(fill = AREA))

f:id:jerrarrdan:20170417214211p:plain

  • filter
nc %>% 
  filter(AREA > 0.1) %>%
  ggplot(data = .) +
  geom_sf(aes(fill = AREA))

f:id:jerrarrdan:20170417214155p:plain

  • color gradient
nc  %>%
  ggplot()+
  geom_sf(aes(fill = AREA))+
  theme_bw() +
  scale_fill_distiller(palette = "YlOrRd", direction = 1)

f:id:jerrarrdan:20170417214136p:plain

  • annotate
ggplot(nc) +
  geom_sf() +
  annotate("point", x = -80, y = 35, colour = "red", size = 4)

ggplot(nc) +
  geom_sf() +
  annotate("point", x = -80, y = 35, colour = "red", size = 4) +
  geom_text(aes(x= -80, y = 35, label = "annotate"), hjust = "inward", vjust = "inward") 

f:id:jerrarrdan:20170417213756p:plain f:id:jerrarrdan:20170417214050p:plain